ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

TOPキーワード

入試サイト

資料請求

応用化学専攻

新素材創製から環境・生命科学・薬科学まで「化学の時代」を追求する応用化学専攻
Division of Applied Chemistry

本学の大学院工学研究科応用化学専攻(修士課程・博士後期課程)は、応用化学の分野において広い視野にたち精深な学識と技術を身につけた研究者または、高級技術者を養成する目的で設立されたものです。

現在、我々が生きている高度文明社会の発展は先端技術に支えられています。しかも、これらの先端技術はいずれも化学の応用に基礎をおいており、21世紀は化学の時代ともいわれています。セラミックス、半導体、センサー、燃料電池、医薬、農薬、医用高分子、エンジニアリングプラスチックなど列挙すれば限りがありません。これらはすべて精密化学の応用によって開発されてきたものであり、今後は、特に地球環境保全の理念に基づいた環境・エネルギー分野、および生命科学や薬科学に関連する分野はますます広くなるものと予想されます。

本専攻は以上の理念に基づき無機、有機、高分子、化学反応工学、環境・分析化学の各観点から医薬品を含む高性能・高機能物質の分子設計および合成、それらの物質の持続可能生産システムの開発、付加価値の高い物質の高純度分離精製、希少資源の効率的な回収、および各種物質の機能評価などについて、系統的かつ総合的に教育、研究を行います。

平成20年度には、文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「超領域的フィードバックによる進化型ナノサイエンス研究の拠点の構築」が採択され、この5年間で輝かしい成果を挙げることができました。また、平成21年度から薬学部の教員が修士課程指導教員として加わり、工学部ナノサイエンス学科教員と共に、工学から薬学まで幅広い分野で活躍する人材育成を実施しています。

講座名・研究内容および教育組織

機能性高分子化学

超分子と分子認識を駆使する機能性材料の創製
機能性シクロデキストリン誘導体の構築と医薬への応用
生体高分子の酸化的ストレスマーカーの探索
進化分子工学による細胞膜透過性ペプチドの探索とDDSへの応用
マイクロ波を用いたポリマーの高効率化学分解法の開発
分子集積の精密制御による革新的ナノデバイスの開発

教員

  • 教授/薬学博士 國安 明彦
  • 教授/理学博士 武知 進士
  • 教授/博士(工学) 田丸 俊一
  • 教授/薬学博士 平山 文俊
  • 准教授/工学博士 池永 和敏

応用無機化学

磁性体の合成同時着磁プロセスの開発とその磁気特性評価
燃焼合成法を用いた電気二重層コンデンサ用電極材料の作製
金属錯体と両親媒性化合物を用いたナノファイバーの創成とその磁気・光学特性
両親媒性ポリペプチド・ポリマーを用いた無機化合物の組織化と疑似タンパク質の創成

教員

  • 教授/博士(工学) 黒岩 敬太
  • 教授/博士(工学) 友重 竜一

化学反応工学

多孔質有機結晶を用いたナノ化学工学の構築
分子認識システムの創製と環境調和型生産・分離プロセスの開発
糖由来の変化生成物であるジヒドロピラジン類の生体への影響の究明
病態モデルの生理学的、分子生物学的解析と治療薬の探索
DDSナノ粒子が形成する超分子構造と生物学的機能の解明

教員

  • 教授/工学博士 草壁 克己
  • 教授/博士(工学) 迫口 明浩
  • 教授/医学博士 徳冨 直史
  • 助教/博士(工学) 櫻木 美菜

応用有機化学

有機電子材料および薬剤として機能する新規複素環化合物の開発
生命機能の制御・解明を目指した核酸類の設計と合成
新規DNA配位子の設計と合成
特異的検出能を有する有機蛍光色素の創製と応用に関する研究

教員

  • 教授/博士(工学) 八田 泰三
  • 准教授/博士(薬学) 井本 修平
  • 助教/博士(工学) 水城 圭司

環境・分析化学

持続可能な資源利用技術の開発
粒子製剤の体内動態並びに酸化ストレスの生体計測法の開発
機能性配位子のイオン認識反応と希少金属イオンの分離化学への応用
プラズモンと磁場を活用した機能材料の開発

教員

  • 教授/薬学博士 竹下 啓蔵
  • 教授/博士(工学) 米村 弘明
  • 准教授/博士(工学) 西田 正志