ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

TOPキーワード

入試サイト

資料請求

SOJO GALLERY


Information

SOJO GALLERYは崇城大学芸術学部の学生、卒業生の美術デザイン作品を 展示、発表する場として設置されました。若いアーティスト、クリエイター のフレッシュな展示をお楽しみください。

Opening Hours

Open
10:00am~6:00pm
Closed
月曜日
年末年始、学内行事期間(入学式、卒業式等)

Access


SOJOGALLERYMAP.jpg

860-0806
熊本市中央区花畑町 10-22
ダイワロイネットホテル熊本1F
SOJO GALLERY

PHONE 096-288-0801
http://www.art.sojo-u.ac.jp/wp/gallery

駐車場はありません。
公共交通機関をご利用ください。



Floor Guide

建物外観の写真1

建物外観の写真2

内装の写真

フロアマップ



Exhibition

Now Holding

HP用.jpeg

博物館実習 第8回特別展 「われらのあにまる」展

本展は、芸術学部に所属する講師陣や卒業生、在校生が普段どのような作品を制作しているのかをよく知って頂くことや、今なお世界で猛威を振るっているCOVIDー19(新型コロナウイルス感染症)対策としての長引く自粛・隔離生活によるストレスや「自粛疲れ」を、芸術学部関係者が制作した可愛らしい動物モティーフの作品群で癒してもらうことを目的 としています。御覧頂いた皆様の心が些かでも軽く前向きになるようでしたら幸いです。

2022.6/21 TUE.〜7/10 SUN.

最終日は16:00まで

Next Exhibition

hp用.jpeg

Last exhibition げーぶんのすべて見せます!展

美術学科芸術文化コースは、平成19(2007)年度に開設し、少数精鋭コースとして多くの優秀な学生を社会に送り出してきましたが、現 3 年生(13 期生)の卒業をもってコースとしての歴史を閉じることになりました。
コース生は、4 年間または 6 年間の学びの後、常勤学芸員や非常勤学芸員、出版社、有力企業などに採用いただいてきました。中には、海外を含む他大学の大学院などに進学した卒業生もい ます。
コース生のそうした夢は、本人の努力もさることながら、常勤教員だけでなく、経験豊富な講師陣による専門・学芸員科目の開講によって実現されたものです。最後のコース展開催に当たり、
ご指導下さった講師の皆様、サポート下さった教職員の皆様に心より御礼申し上げる次第です。
本展では、1 期生から10 期生までの卒業研究・活動の様子、12・13 期生の研究・活動状況を、パネルやデジタル画像などで一挙にご紹介します。是非、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

2022.7/13 WED.〜8/7 SUN.
最終日も18:00まで

Past Exhibition

画学生fin.jpg

画学生から日本画家へ
崇城大学芸術学部1期生20年のKISEKI


画学生会場.jpg

会場風景


2021 6/1-7/11
「画学生から日本画家へ ー崇城大学芸術学部1期生20年のKISEKIー 」展
2021年6月1日よりSOJO GALLERY リニューアルオープニング企画としてを開催。崇城大学芸術学部日本画コース1期生から現在同コース准教授として教鞭をとる佐藤和歌子の成長の軌跡に焦点を当てながら芸術学部20年の歩みを辿る。

KAKUnoHITO.gif

架空の人展


架空の人会場.jpg

会場風景


2021 7/13-7/25
「架空の人展」
7回目の崇城大学「博物館実習」特別展。タイトルは「架空の人―私は誰でしょう?―」。鑑賞者により積極的に展示に参加を促し、制作者・作品自体をより深く理解、鑑賞してもらうことを目的とした企画展。

2021_web_地プロ_V2.png

みらいデザインkumamoto vol.6


mirai.jpg

会場風景


2021 7/26-8/7
みらいデザインkumamoto vol.6 「くまもとの地場産業」
崇城大学デザイン学科 デザインプロジェクトI II Ⅲ 成果発表
熊本の地場産業に関わる33の提案。

iwakura_keiji320-200.gif

岩倉圭二展


iwakura01.jpg

会場風景


2021 7/26-8/7
フィギュア原型師の世界「岩倉圭二展」
人気アニメ「ONE PIECE」をはじめ、「ドラゴンボール」、「ジョジョの奇妙な冒険」、「NARUTO」等、数多くのフィギュア原型を担当した岩倉圭二の作品展。

Scope.jpg

崇城大学芸術研究科展

938D651C-F84A-408E-B1B9-165CF9C087B3.jpeg

会場風景

2021 8/24-10/10
Scope -ボクらの制活展-
崇城大学大学院芸術研究科修士課程に在学する大学院生による作品展。

勝野眞言素描と彫刻2-2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

勝野眞言「素描と彫刻」展

IMG_1296-.jpg

会場風景

2021 10/13-10/31
勝野眞言「素描と彫刻」展
彫刻家勝野眞言(崇城大学芸術学部長)による作品展。

IMG_6185.jpgのサムネイル画像

FLOW

IMG_0435 2.jpeg

会場風景

2021 11/02-11/07
Point in Time 2021 "FLOW"
崇城大学芸術学部デザイン学科 甲野ゼミ+OB 作品展。

R3洋画コース展DM表 アウトトリ.jpg

SOJO PAINTING洋画コース展

洋画コース展会場.jpg

会場風景

2021 11/09-11/21
SOJO PAINTING 洋画コース展
崇城大学芸術学部美術学科 洋画コース 作品展。

LF16.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

look & feel 16

009.jpg
会場風景

2021 11/23-12/05
look & feel 16 きっかけ
崇城大学芸術学部デザイン学科 森野ゼミ作品展。

2021日本画コース展DM表のコピー.jpg

日本画コース展2021

日本画コース展会場風景.JPG

会場風景

2021 12/07-12/19
日本画コース展2021
崇城大学芸術学部美術学科 日本画コース作品展。

彫刻・視覚芸術コース展.jpg

彫刻+視覚芸術コース展

DSC_1633(縮小).JPG

会場風景

2021 12/21-2022 01/09
彫刻+視覚芸術コース展
崇城大学芸術学部美術学科 彫刻+視覚芸術コース作品展。

みらいデザ.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

みらいデザインkumamoto vol.7

みらデザkumamoto7会場風景.jpeg

会場風景

2022 01/13-01/30
みらいデザインKUMAMOTO vol.7 :2030年の熊本
崇城大学芸術学部デザイン学科後期・地域プロジェクト授業の成果発表
20グループによる「2030年の熊本」をテーマとしたデザインの提案

B:O.png

B/O UNITMENT EXHIBITION 2022

B:O.jpg

会場風景

2022 02/01-02/13
B/O UNITMENT EXHIBITION 2022
崇城大学芸術学部デザイン学科、馬頭ゼミと奥田ゼミの初共同ゼミ展。
両ゼミ在籍生と有志によるデザイン展。

展示会サムネ.jpgのサムネイル画像

mishmash展

会場風景.jpeg

会場風景

2022 02/15-02/27
mishmash展

崇城大学芸術学部卒業生2人の展示会。
日々の制作物を展示。

地域の力展.png

「まち」を記録する。
地域をめぐるアーティストのキセキ
山鹿・古町・津奈木

会場風景.jpeg

会場風景

2022 03/03-03/13
「まち」を記録する。

地域をめぐるアーティストのキセキ
山鹿・古町・津奈木
地域とアートの関係の記録を写真やスライド、映像を通して展覧。

チラシ表2コピーギャラリー用@.jpg

マーサ・ヘヴンストン・ノジマ展

マーサ展会場風景.jpeg

会場風景

2022 03/15-04/17
マーサ・ヘヴンストン・ノジマ展 
アメリカンパブリックアーティストが見た日本
物語る形
崇城大学芸術学部視覚芸術コースの非常勤講師であり、アメリカのパブリックアーテイストのマーサ・ヘヴンストン・ノジマの活動の全貌を紹介する展覧会。展示デザインはデザイン学科原田和典研究室との協働。

リアルと幻想_ハガキ横_SOJOGALLERY.jpgのサムネイル画像

リアルと幻想

会場風景.jpg

会場風景

2022 04/20-05/08

崇城大学 芸術学部Canon品川ギャラリー特別展 デザイン学科 学生写真展 「リアルと幻想」
芸術学部デザイン学科グラフィックデザインコース選抜学生5名の写真展。Canon品川ギャラリーにおいて過去に開催された作品の再展示。ポートレート・スナップ・ドキュメンタリーの3つのジャンルから成り、作品は出展学生自身の手によりプリントされた。

マンガ表現コース展.jpeg

マンガ表現コース展2022

DSC_2169.JPGのサムネイル画像

会場風景

2022 5/13〜6/5
マンガ表現コース展
崇城大学芸術学部デザイン学科マンガ表現コースの作品展。
コースでの学びについて、課題作品を通して紹介する。実際に手にとって読める作品など、マンガ・イラストレーション作品を約80点展示。

BAM_Galleryhp.jpg

JAGDA|BOOK at ME【本への想い展】

会場風景.jpeg

会場風景

2022 6/7〜6/19
JAGDA|BOOK at ME【本への想い展】
6月に熊本で行われるJAGDA(日本グラフィックデザイン協会)の全国大会にあわせて、大会テーマである「だんだん(ありがとう)」にリンクしたデザイナーの人生を変えた、影響を与えた「本」への感謝を紹介する企画。



Exhibition Schedule



Reservation

申請の流れ

SOJO GALLERY は崇城大学芸術学部の学生や卒業生の美術、デザイン作品 を展示、公開する場ですが、展示スケジュールに空きがある場合は学外利 用のために施設貸出を受け付けています。なお、施設利用は学内の展示を 優先するため、ご利用いただけない場合があることをご了承ください。

Application Form 利用申請フォーム

学内利用申込

学外利用申込

※学外からの利用申請につきまして、しばらくの間、試験的な受付となりますのでご了承ください。

利用規約

1展覧会につき1週間、週単位での貸出を原則とする。
月曜日(休館日)を搬入・展示日とし、火曜~日曜日の6日間を展示期間とする。
最終日の展示は17時までとし、展示終了後に撤収を行う。

開場時間

10:00~18:00(入館 18:00 迄)、展覧会最終日のみ10:00~17:00(入館 16:30 迄)を原則とする。この範囲内であれば、開館時間は主催者が利用申込書申請の際に変更、設定することができる。

閉館日

月曜日、年末年始、学内行事期間(入学式、卒業式等)
搬入日にあたらない月曜祝日に限り、月曜開館・火曜休館とする。

会場利用料金

1日17,000円(外部貸出の場合)とする。
会期終了後に崇城大学事務局施設課が利用申込書の代表者宛に請求を行う。

展示場所・申込先

TEL: 096-288-0801
E-mail: sojogallery@art.sojo-u.ac.jp
HP http://www.art.sojo-u.ac.jp/wp/gallery
※会場に駐車スペースはありません。公共交通機関・周辺の有料駐車場をご利用ください。

申し込み方法

(1) 学内
ギャラリー受付、またはホームページ上の申請フォームにて随時申し込み可能。申し込み順に確保される。申し込みの締切りは利用開始日の3カ月前までとし、それ以降は、希望期間が空いている場合のみ受付できる。
在学生:担当教員の許可を得てから申請を行う。ギャラリー受付にて行事等の日程を確認し、内容・時期について検討する。利用申込書提出時には学籍番号を記入し、展示内容に関する資料を添付すること。許可には審査を伴う。
卒業生:ギャラリー受付にて行事等の日程を確認し、内容・時期について検討を行う。利用申込書提出時には卒業年度を記入し、展示内容に関する資料を添付すること。指導教員が在職中の場合には当該教員に連絡を入れること。許可には審査を伴う。

(2) 学外

  1. ギャラリー受付、またはホームページ上の申請フォームにて仮押さえを行う。仮押さえは1年前から可能。行事等の日程を確認し、希望期間が空いている場合は貸出の検討を受けることができる。
  2. 利用開始日の約6ヶ月前までにギャラリー受付にて利用申込書とそれにともなう資料の提出を行う。
  3. ギャラリー委員会(館長が組織する学部長、両学科長、研究科長、副館長からなる組織)で内容を検討した後、抽選によって日程調整を行い、利用開始日の3ヶ月前に貸出の可否を決定し連絡する。但し、大学の行事予定が確定していない時期の検討は不可。※原則として正式な貸出連絡が3ヶ月より前になることはない。

(3) イベントや特別な活動を希望する場合は日程確認の際に伝え、必要な提出資料の準備を行って、利用申込書提出の際に、申込書とともに提出する。提出書類は返却しない。

(4) 変更・中止する場合はすみやかに申し出ること。展示期間の開始日から遡って2ヶ月前までに連絡がつかない場合や、事前打ち合わせができない場合は、開催不可能とみなし、今後一切の利用を禁止する。

禁止事項

募金活動、署名、政治活動、その他営利を目的とした販売行為やそれにつながる行為は禁止とする。

事前打ち合わせ

  1. 開催決定後、展覧会に関する印刷物を希望する場合は SOJO GALLERY のロゴを入れること。
  2. 開催決定後、展覧会予定日の1ヶ月前までに、搬入や展示内容等の以下の事柄について、来館するか電話、メール等で必ずギャラリー職員と打ち合せを行う(参加者が複数人の場合は代表者が周知すること)。
    1. 会場利用規則について
    2. 搬出入、会場管理について
    3. 館内掲示用ポスター・案内状について
    4. 器具・備品等の使用について
    5. ホームページ等に掲載する情報について
    6. その他
  3. 来館以外の連絡については、電話かメールで対応する。
  4. 打ち合せの際の交通費は主催者負担とする。
  5. 内容不明のままの開催は認めない。