ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

TOPキーワード

入試サイト

資料請求

就職活動のポイント

就職活動についての諸注意

  1. 推薦による受験辞退は原則としてできません。
  2. 受験結果については、合否に関わらず必ず就職課に報告して下さい。
  3. 進路が決定したら、速やかに就職課に受験報告書を提出して下さい。

就職活動をスタートするにあたって

「就職」とは「社会人の仲間入りをする」ということです。考えてみてほしい。今、初対面の年上の人と敬語をつかってキチンと会話することができるか。日頃"学生コトバ"しか使っていないと、いきなり企業訪問してもうまくしゃべれないはずです。さっそく、練習相手を捜してマナーや敬語のトレーニングを開始してほしい。
そして社会常識--これは、結局、筆記試験や作文、面接までかかわってきます。今年内定をもらった学生は、新聞をよく読んでいたため、面接で認められ合格しています。毎日テレビのニュースを見たり、新聞を読む習慣をつけ"話題"を広げておくことが大切です。

自己分析

「自己分析」は、自分のセールスポイントを発見し、仕事に対する姿勢を確立するのに重要なものです。

会社説明会

事前に参加を申し込む(電話連絡またはインターネットでエントリー)ことが必要です。
開催までに企業研究をやっておくことはもちろんのこと、適性検査、面接試験などの一次試験が実施されるところも多いので、筆記試験・面接対策等の事前準備は怠りなくやっておくこと。

履歴書

「自分の分身」のような存在で、合否の判断材料となり、選考過程のすべての段階でついてまわるから慎重に記入する事が必要です。
初歩的な間違いをすれば読んでもらえません。略字や誤字・脱字、修正液の使用などは論外、写真の貼り方、印鑑の押し方まで、細かくチェックされますので、空欄・空白は作らず、熱意が伝わるように丁寧に書くことを心がけてください。

身だしなみ・挨拶

会社訪問、セミナー参加、受験の際は、髪型、身だしなみのチェックおよび礼儀・姿勢に気をつけてけて下さい。
第一印象で好感をもたれることが成功への第一歩です。

模擬面接

模擬面接の実施とアドバイスを行っています。

その他

就職試験は、ほとんどが会社で実施されます。会社を訪問する際は、会社の人全員を採用担当者と思い、一挙手一等足を注目されていると思って行動して下さい。身だしなみ・挨拶から服装まで、すみずみとチェックされています。

  • 1日に1回は就職課へ足を運びましょう。いつ良い求人が飛びこむか分かりません。求人等のチェックを怠らず。必要事項はコピーまたはメモすること。
  • 求人が来た場合には、就職課内のファイルで公開または学科の掲示板に掲示します。
  • 求人票の詳細については、就職課内の地区別ファイルを利用すること。
  • 追加求人等は、就職課内のファイルと学科の掲示板に掲示します。見過ごしのないように。
    ※特に注意すべき点
  1. 必要書類は、早めに申し込むこと。
  2. 申込の締切日は、必ず守ること。また、随時と記載されているものも、なるべく早い時期に応募するよう心掛けること。