お問い合せ
入試課
TEL:096-326-6810
nyushi@ofc.sojo-u.ac.jp

資料請求

menu

入試概要

航空操縦学専攻 出願要件(2023年度入試)

工学部宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻に出願の方は各入試の出願資格に加えて、以下の出願要件があります。
身体検査基準および英語能力が証明できる書類(写し)を出願書類と一緒に提出してください。
出願期間に出願書類が揃っていない場合は出願ができませんのでご注意ください。

身体検査基準

  1. 1.2022年4月1日以降に受診し、発行された「航空機操縦練習許可申請書」または「航空身体検査証明申請書」の写しを提出できる者。(「適合」と診断された者)
    国土交通大臣の指定した医療機関で発行されたものを提出してください。
    他大学指定の様式での書類提出は認められませんので、ご注意ください。

    上記申請書は第2種航空身体検査に相当するものであって、将来エアラインパイロットになるためには、第1種航空身体検査に適合しなくてはなりません。
    将来、エアラインパイロットを目指す方は、申請書を入手される機会に、 第1種航空身体検査にも適合しているかどうかを確認されることをお勧めします。
    航空身体検査指定機関については『一般財団法人 航空医学研究センター』の ホームページが参考になります。
    受診される際には事前に各検査機関にお問合せの上、予約が必要です。
    お問合せの際に「崇城大学を受験する」ことをお伝えください。

  2. 2.オルソケラトロジー(コンタクトレンズによる屈折矯正術)による矯正を行っていないこと。

英語能力

下記(1)〜(6)のいずれかに該当する者。
出願時、英語能力を証明できる書類(写し)の提出が必要です。
(ただし、(1)は受験期間の指定はなし。(2)〜(6)は2021年4月1日以降に受験したものであること)

  1. (1) 実用英語技能検定(英検®)2級以上であること。(英検CBT、英検S-CBTでも可)
  2. (2) TOEIC® L&R TESTのOfficial Score Certificateが450点以上であること。
    ※TOEIC® L&R IPテスト(マークシートに限る)でも可
  3. (3) TOEFL iBT®テスト 32点以上もしくはTOEFL ITP®テスト 400点以上であること。
  4. (4) GTECのオフィシャルスコアが820点以上であること。(GTEC CBTでも可、アセスメント版は不可)
  5. (5) IELTS™ 4.5以上であること。(オーバーオールバンドスコア【Academic moduleに限る】)
  6. (6) ケンブリッジ英語検定スコア140以上であること。(リンガスキルを含む)

2024年度入試(2023年度に実施する入試)を受験予定の方へ

2024年度入試(2023年度に実施する入試)から、航空操縦学専攻の出願要件における各英語資格、検定試験スコアの基準等について見直しを行う予定です。
詳細は2022年度中に本学ホームページにて公表する内容をご確認ください。

無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」実施要領

1. 本奨学金は、一般社団法人航空機操縦士育英会(以下、操縦士育英会)と連携し、運営するものです。

2. 本奨学金は、2年次以降の訓練費用に充当されることから以下の時期に操縦士育英会から本学に交付され、交付金額を除く訓練費用および授業料等を本学に納入していただきます。

1回目 2回目 3回目
奨学金交付時期 2年次9月 3年次4月 3年次9月
奨学金 100万円 200万円 200万円

3. 本奨学金の対象は、本学航空操縦学専攻への入学を希望するパイロット特別選抜の合格者とします。
入試成績上位者最大5名が対象となります。

4. パイロット特別選抜の合格通知に併せて選考結果を通知します。

5. 合格後の手続きについては、合格通知書に同封する書類をご確認ください。

なお、奨学金の受給にあたっては、その都度、事前審査と本審査の手続きが必要となります。本審査は本学の奨学金推薦基準に基づく推薦と立替払実施会社などの審査結果を受けて承認された方に対して奨学金が交付されます。
そのため、事前審査通過後であっても、本審査で承認されない場合があります。