ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 大学院 > 工学研究科修士課程 > 宇宙航空システム工学専攻

宇宙航空システム工学専攻

Division of Aerospace Systems Engineering

空から宇宙へ人類の活動の場と資産を拡大する工学・技術

本学の大学院工学研究科宇宙航空システム工学専攻(修士課程)は、空を飛ぶ技術、宇宙空間への輸送技術、さらには宇宙を人類活動の場として活用する技術を開発する研究者や高級技術者を養成することを目的としています。

航空機・宇宙機の特徴は、高速飛行に起因する高温・高圧の極限的環境で作動すること、大きな推進エネルギーを必要とすること、高度の制御性・信頼性・安全性・環境適合性が要求されること、さらには莫大な開発・製造コストがかかることにあります。
それゆえに航空機・宇宙機の開発は、空気力学・熱流体工学、材料・構造力学、制御・誘導工学、運動学の個々の研究分野で最先端の挑戦的課題を提供しています。また種々の背反的な要求を必要十分に満たし、さらに悲惨な事故を招く故障などの異常事態に自動的に対応する機能を持つシステムとして設計し製品化するには、高度に洗練されたシステム技術が必要です。

航空・宇宙工学の今ひとつの特徴として、空を飛ぶこと、さらには地球外の世界を探求し体験することという太古からの人類の夢の実現に直接関わる浪漫性を挙げることができます。

このために本専攻では、これらの最先端課題を意識して空気力学・熱流体工学、材料・構造力学、制御・誘導・運動学、システム工学の教育を行い、さらには旺盛な探究心を動機とする研究活動への参与を通じて問題解決能力と創造力に秀でた研究者・高級技術者の育成を目指しています。本専攻における教育・研究で培われた素養・知識・体験は、航空宇宙産業のみならず他の広い産業分野での活躍の道をも開くものです。

流れの可視化用煙風洞
流れの可視化用煙風洞

風洞試験部
風洞試験部

専攻(修士課程)のポリシー

講座名・研究内容および教育組織

○印は指導教員(博士)◎印は専攻主任

構造・材料工学

  • 航空・宇宙飛翔体の設計・製造の基礎となる構造物の強度・変形・振動の力学、および軽金属・耐熱合金・複合材料・機能性材料の組織・加工・疲労・破壊に関する研究。

教員氏名

教  授/博士(工学)白石 和彦

熱・流体工学

  • 航空・宇宙飛翔体周囲の空気の流れ・化学変化、機体に働く流体力・熱伝達、航空宇宙推進機関内部の空気・燃焼ガス・電離気体の流れ・化学反応・伝熱・エネルギー変換、航空機の騒音、特殊航空機の設計に関する研究。

教員氏名

教  授/工学博士 松尾 健輔 ○
教  授/博士(工学)金澤 康次 ◎
教  授/工学博士 堤   雅徳
助  教/博士(工学)千馬 浩充

運動・制御工学

  • 航空・宇宙飛翔体システムの運動と誘導・制御、システムの最適化、システムの信頼性・安全性向上、および故障検知システムに関する研究。

教員氏名

教  授/工学博士 橋本  毅

材料試験機
材料試験機

ゲッチンゲン型風洞
ゲッチンゲン型風洞

フライトシミュレータ
フライトシミュレータ

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。