ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

機械システム工学専攻

Division of Mechanical System Engineering

機械関連工業の総合的な発展に貢献できる応用力のある人材の育成をめざす

本学の大学院工学研究科機械システム工学専攻(博士課程)は、修士課程の機械工学専攻および宇宙航空システム工学専攻を基礎として、開設されています。

現在の人類社会の繁栄を支えている大きな柱の一つは機械・器具とその製造装置の進歩であることは明らかですが、最近では、機械を含めた構造物が人間及び地球環境に与える影響が社会的問題になるようになりました。本専攻では、右に示すような4講座で分担して、機械と機械システムの性能と信頼性を高めるための学術的研究、また機械を作る工作機械の加工性能向上のための実用的研究などを行いますが、最近制定された「製造物責任法(PL法)」及び「環境影響評価に関する国際規格」にも配慮しています。本専攻の教員には、日本を代表する企業に勤務した経験者、また企業との共同研究を行っている豊富な人材などがいますので、産業界でも高く評価される人材の養成を世界的視野のもとで行うことができます。日本は海外に多くの合弁企業を進出させていますので、「博士の学位」をもつ技術者・研究者は、日本国内よりも外国の企業や研究所において高く評価され一層の飛躍の機会を得る場合もあります。本専攻では専門分野のみならず、海外も視野に入れた機械関連工業の総合的な発展に貢献できる応用力のある人材の育成を目標にして教育を行います。

温度場(シュリーレン法)
温度場(シュリーレン法)

ホブによる歯切り
ホブによる歯切り

衝撃波実験装置
衝撃波実験装置

専攻(博士後期課程)のポリシー

講座名・研究内容および教育組織

生産システム工学

  • コンピュータ数値制御(CNC)工作機械の設計製作と加工精度に関する研究
  • 切削工具および研削砥石の磨耗低減と高精度加工法に関する研究
  • 歯車などの機械要素の高速高精度加工とその耐久力などに関する研究

機械力学・制御工学

  • 計算力学を基調として、非線形問題の高精度解法と計算法、シミュレーション、高速衝撃現象、メカニズムの最適設計と動力学的解析、システムのオンライン異常検知、合体ロボットの開発などに関する研究

教員氏名

教 授/工学博士 橋本   毅
准教授/博士(工学)森  昭寿
准教授/博士(工学)平 雄一郎

熱・流体工学

  • 航空機、宇宙機、船舶、流体機械などに作用する流体力を考慮したそれらの最適設計をめざした研究
  • ジェットエンジンの回転翼騒音とその能動制御、および超高速空気流と物体との干渉による非平衝流れと熱伝達、電気推進ロケットとしてのアークジェットスラスターの性能、並びにアルコールエンジンの着火燃焼の研究

教員氏名

教 授/工学博士 松尾 健輔
教 授/博士(工学)齊藤 弘順

材料工学

  • 材料の力学的挙動の巨視的現象と微視的機構、金属のすべり機構と疲労機構に関する結晶塑性学的研究
  • 実働加重下の疲労亀裂伝播に関する研究
  • 鋼管の弾塑性破壊靭性、弾塑性体の力学的挙動の研究
  • 衝撃的な負荷による塑性変形と破壊、航空機・宇宙機用複合材に関する研究
  • 形状記憶合金や木質材料までを包含する新素材の開発に関する研究

教員氏名

教 授/工学博士 小野 長門
教 授/博士(工学)吉良 章夫

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。