ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

学科のポリシー

ディプロマ・ポリシー(全学科共通教養科目)

「人間関係形成・社会形成能力」「自己理解・自己管理能力」「課題対応能力」「キャリアデザイン能力」等の基礎的・汎用的能力を身につけ、それらを実践できるもの

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 本学科は、本学科のカリキュラムポリシーに沿った教育プログラムの授業科目を履修し、所定の単位を修得し、次の能力を有するものに学士(工学)の学位を授与します。

  • 【知識・理解】 バイオテクノロジーに関する専門知識と技術を有し、それを総合的に応用する能力を有するもの。
  • 【汎用的技能】 国際的な視野とコミュニケーション能力を有するもの。
  • 【態度・志向性】 地球環境と生命を尊重できる豊かな人間性と倫理性を有するもの。 社会の要求する課題を柔軟に解決するために、チームワークに必要な協調性と主体性を有するもの。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 本学科は、人々の「いのちとくらし」を支えるバイオテクノロジー分野で活躍できるスペシャリストを養成するため、次のようにカリキュラムを展開します。

    • 工学系と生物系のハイブリッド分野の教育を行います。その教育プログラムの学習・教育到達目標は、以下のとおりです。
(ⅰ) 常に世界的な視野に立って幅広く人類の精神文化を理解し、コミュニケーション手段としての外国語と情報処理能力を身につける。
(ⅱ) 地球の環境と人間の健康を守り、生命を尊重する倫理と技術の融合をめざす。
(ⅲ) 数学、自然科学の基礎知識を応用し、微生物現象を定量的に説明できる工学的センスを養う。
(ⅳ) 生物工学の専門知識に習熟し、バイオテクノロジーを総合的に応用して問題を解決できる力を磨く。
(ⅴ) 社会の要求する課題を計画的に解決できる能力を養い、チームワークの中で協調性と主体性をもつ。
(ⅵ) 自学自習の態度を培い、論理的な記述力と発表能力を身につける。
(本学科の教育プログラムは「生物工学分野」でJABEEの認定を受けています。)

    • 初年次の基礎科目から始まり、徐々に専門科目や実験実習の比重が大きくなる"系統的くさび型のカリキュラム"を展開します。各科において上記の該当する目標を設定し、その到達度を厳正に評価します。
    • 特に実験実習を重視し、さらに卒業研究等の体験を通して、実践的バイオテクノロジー技術者および研究者に必要な課題解決力や、新たな課題を自ら立案できる能力を持った人を養成します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学科は、人々の「いのちとくらし」を支える人材の養成を目指して、次のような人を受け入れます。

    • バイオテクノロジー分野(食品、医薬品・医療、化成品、農業、環境・エネルギーなど)の技術者および研究者を養成します。その素地となる専門知識や技術の習得に必要な基礎学力と熱意をもつ人。
    • バイオテクノロジー分野における実践的な課題解決力を養成するために、積極性と協調性をもち、コミュニケーション能力の向上に意欲的な人。
    • 生命を尊重し、高い倫理観と豊かな人間性をそなえた人材を養成するために、専門分野以外の人間力の向上に役立つカリキュラムを積極的に学習する意欲のある人。

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。