ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 情報学部  > 情報学科 > 学科ニュース > 2016年度の学科ニュース > 学生制作の防災特番「いのち・まもる」がFM局で放送

学生制作の防災特番「いのち・まもる」がFM局で放送

2016年05月20日

2015年度、情報学科2年生のアクティブラーニング講義(1年間)では、NTT熊本支店・FM桐生と連携した防災番組の制作を実施しました。学生によって制作された番組は、2016年3月11日(金)14時10分から放送の防災特番「いのち・まもる」の中で放送されました。
  
学生たちは、この番組制作を通じて防災に対する考え方や、NTTにおける最先端の防災への取り組みについて深く学んだところですが、番組放送の1か月後に、熊本において震災に遭遇することとなりました。
しかしながら、震災はこれで終わりではありません。日本のどこで起きても不思議ではありません。講義や熊本で体験したことを無駄にしないよう、更なる防災啓発のための番組を2016年度の講義の中でも制作していく予定です。
   
  
9D2A9926.JPG  

■ 講義名: 映像制作演習
■ 非常勤講師: 小保方 貴之氏(FM桐生)
■ 講義担当: 情報学部 情報学科 星合教授、植村助教
   

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。