ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

崇城大学 ホーム > ニュース・イベント > ニュース > 2017年度のニュース > 【ものづくり創造センター】第1回「崇城ドローン・コンテスト&ドローン操縦教室」開催

【ものづくり創造センター】第1回「崇城ドローン・コンテスト&ドローン操縦教室」開催

2017年08月08日

平成29年8月4日(金)崇城大学ものづくり創造センター(通称SUMIC)で第1回「崇城ドローン・コンテスト&ドローン操縦教室」を開催しました。

今注目を集めているドローンの面白さに触れてもらう目的で実施され、当日は学生や教職員など7チーム約40名が競技に参加し、それぞれ工夫された個性的なドローンが並びました。各チーム、直前までしっかりと機体の調整をして競技に臨みました。
3~5名からなるチーム形式で、機体の俊敏性などを必要とする"タイムレース競技"、救援物質輸送の正確性などを必要とする"ミッション遂行競技"の2種目を行い、合計点で競いました。
 ★P1060011_02.jpg 

学生、教職員だけでなく、高校生や教職員の家族などたくさんの方が来られました。
競技が始まると、真剣な表情でミッションをクリアしていきます。中には練習通りにいかず、残念ながらリタイアするチームもありました。
観客からも応援の声や歓声があがり、大変な盛り上がりをみせました!

★_MG_0043.jpg ★_MG_9483.jpg
★_MG_9583.jpg doro-n.jpg




競技の結果、総合優勝は「IEICE崇城ブランチ」チームでした。何と、タイムレースとミッション遂行の両競技1位!
「ドローンは初めて触るが1週間みっちり練習を重ねた結果優勝できた」と話してくれました。

競技の後は、ドローン教室も開かれ子供から高校生まで楽しそうにドローンに触れていました。

kyousitu_silc.jpg

最後に、SUMICのセンター長で工学部機械工学科里永憲昭教授は「学科の特長がドローンに表れていた。SUMICに来れば色々なことが出来るので、もっとSUMICを活用してほしい」と話し、山川副学長は「来年も開催したい。ものを造る楽しさをみなさんに知って欲しい」と挨拶。

SUMICでは今後も"学生が自らの手を動かしてイメージを形にする"ものづくり教育の推進・支援を行っています。学生の皆さんのご利用をお待ちしています。


【参加チーム】
1)タケコプター    (宇宙航空システム工学科)
2)カラシレンコン   (宇宙航空システム工学科)
3)ふじやまフレンズ (情報学科)
4)IEICE崇城ブランチ(情報学科)
5)崇城スキルボ   (機械工学科)
6)The Flying Kirin  (SILC)
7)学生募集チーム  (教職員)

【結果】
1位 
IEICE崇城ブランチ(両競技1位)
2位 ふじやまフレンズ
ユニークデザイン賞 学生募集チーム


★_MG_0157.jpg fujiyama.jpg
1位 IEICE崇城ブランチ 2位 ふじやまフレンズ
gakuseibosyuu.jpg mifunekoukou.jpg
ユニークデザイン賞 学生募集チーム 見学に来られた御船高校の皆さん


■関連ニュース
http://www.sojo-u.ac.jp/news/press/170731_008132.html

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。