ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > ニュース・イベント > ニュース > 2016年度のニュース > 前田特任教授が「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞有力候補者)」受賞

前田特任教授が「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞有力候補者)」受賞

2016年09月21日

2016年9月21日(水)、トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク)は、「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞 有力候補者)」を発表し、崇城大学DDS研究所の前田浩特任教授が受賞しました。日本人受賞者は3名です。

受賞理由は「がん治療における高分子薬物の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果の発見」によるものです。

同賞は、学術文献引用データベースWeb of Scienceをもとに、被引用件数が極めて大きいハイインパクトな論文を発表した研究者の中から選出されるもので、学術論文の被引用件数とノーベル賞受賞者に対する評価とは強い相関関係があることから、「ノーベル賞有力候補者」として発表されています。

■詳細はこちら(トムソン・ロイターHP:プレスリリース)
 ※トムソン・ロイター引用栄誉賞について、選考基準、過去の日本人受賞者などご覧いただけます。

【受賞コメント】
癌に薬剤をピンポイントにターゲッティングするEPR効果発見から30年を経て、それがようやく世界に広く浸透し、この度、トムソン・ロイター社によって評価されましたことに対し研究者としてこの上ない喜びを感じております。この受賞により、EPR効果の原理を充分に理解した癌治療法の臨床への応用に広く関心を持っていただけることと思います。現在、当方で開発中のこの原理に基づく新しい高分子結合型制癌剤のパイロットスタディでは毒性を排除しつつ、著明な臨床効果をもつナノメディシンが可能であることを示しています。このナノメディシンには多くのご支援をお願いしたい。現在癌治療はとても高額で、世界中で苦しんでいる癌患者の誰もがその高額な治療を受けられるわけではありません。私は、多くの人々に役に立つ癌治療法を完成したいと願っております。この度の"トムソン・ロイター引用栄誉賞"は、世界中から認められている証拠だと自信がついてくるとともに、今後の研究のよりいっそうの励みになります。このような賞をいただけましたこと、大変嬉しく心より感謝申し上げます。また今までお世話になった方々にも感謝の意を表したいと思います。


■前田浩特任教授プロフィールはこちら

■前田特任教授 写真(ダウンロード可)

maeda_photo1   maeda_photo2   maeda_photo3

■本学プレスリリースはこちら

■ノーベル化学賞関連の報道についての本学プレスリリースはこちら

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。