ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

崇城大学 ホーム > ニュース・イベント > メディア掲載 > 2017年度のメディア掲載 > 【新聞:熊日】生と死 神秘的に表現

【新聞:熊日】生と死 神秘的に表現

2017年08月09日

熊本市の新聞博物館で開催されている「M7.3地球の声を聞く」展のオープニングイベントの様子が熊本日日新聞(8/1付)に掲載されました。このアート展は本学芸術学部デザイン学科の三枝研究室(担当教員:三枝泰之教授)が共催しており、本学協定校であるポーランドのシチェチン・アートアカデミーの学生が制作した作品も展示されています。新聞博物館にて~8/31(木)まで開催中。観覧無料。



170801_kumanichi_p14.jpg

■当日の動画
https://www.youtube.com/watch?v=d4dU32_-x3o
https://www.youtube.com/watch?v=ampN1exmG8s

■関連ニュース
http://www.sojo-u.ac.jp/news/media/170731_008136.html


※熊本日日新聞社より記事掲載についての許諾を得ています。

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。