ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 大学院 > 教育理念・ポリシー

教育理念・ポリシー

崇城大学大学院の教育理念とポリシー

教育理念

崇城大学大学院は、建学の精神「体・徳・智」の下、学士課程での教育により得られた成果を発展させて幅広く深い学識を涵養するとともに、本学の多様な学術的研究を背景とした基盤的・先端的な専門知識、技能を修得させ、専門分野における研究能力と高度な専門性を必要とする職業を担うための能力を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学大学院は、教育理念を実践するため、「いのちとくらし」の専門分野における基礎的な知識と実践力に加え、幅広い知識と創造性および独創的な発想によって新分野を開拓する意欲に溢れ、国際性や倫理観を兼ね備えた人材を求めます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学大学院は、教育理念に沿って次の方針でカリキュラムを編成します。 自己の研究を専門の研究分野において的確に位置付け、その成果と意義を高度な水準で議論し、必要に応じて協力体制を構築できる能力を育てます。また、物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性をもってその研究を見つめ、人や自然との共生について批判的に吟味する力を育てます。
特に修士課程では、専門分野における研究能力と職業人としての高度な専門的能力を育てます。加えて博士課程では、国際的に活躍できる自立した研究者を養成するとともに、各専門分野において指導的な人材を養成します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

所定の期間在学して、本学大学院のカリキュラム・ポリシーに沿った教育プログラムの定める授業科目を履修し、基準となる単位数以上を修得するとともに学位論文の審査及び試験に合格した者に学位を授与します。学位論文の審査及び試験は、その論文が研究の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値を有しているか、学位申請者が研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、学術研究における倫理性を備えているか等を基に評価を行ないます。なお、学修・研究について著しい進展が認められる者は、在学期間を短縮して大学院課程を修了することができます。

工学研究科のポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学大学院アドミッション・ポリシーに加えて、思いやりと協調性をもち、十分なコミュニケーション能力を持った人を求めます。
 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学大学院カリキュラム・ポリシーに従い、「いのちとくらし」の工学専門分野の研究能力と高度な専門的能力を必要とする職業人を養成するための教育を行います。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学大学院のディプロマ・ポリシーに従って、大学院学位を授与します。

芸術研究科のポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学大学院アドミッション・ポリシーに従い、協調性と十分なコミュニケーション能力を持った人を求めます。
 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学大学院カリキュラム・ポリシーに従い、芸術専門分野の研究能力と高度な専門技術を必要とする職業人を養成するための教育を行います。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学大学院のディプロマ・ポリシーに従って、大学院学位を授与します。

薬学研究科のポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学大学院のアドミッション・ポリシーに加えて、医療科学的・薬学的センスと十分なコミュニケーション能力をもち、薬物治療の発展に貢献する意欲に溢れた人を求めます。
 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学大学院カリキュラム・ポリシーに加えて、高度な薬物治療を実践できる指導的臨床薬剤師ならびに臨床治療に精通した医薬品開発研究者を養成するための教育を行います。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学大学院のディプロマ・ポリシーに従って、博士(薬学)の学位を授与します。

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。