ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

研究室一覧

研究室研究内容担当教員
迫口研究室 グリーン生産プロセスとレアメタル分離プロセスの開発 迫口 明浩
八田研究室 有機EL パネル、クリーンエネルギーを利用する有機薄膜太陽電池への実用化を目指した有機エレクトロニクス分野の研究 八田 泰三
田丸研究室 生命を手本に化学の力で「すごいモノ」を生み出し、生命で見られる機能を再現したり、時には生命では起こりえない現象をも実現したりします。我々の視野は電子技術や薬、化粧品など多岐に渡ります 田丸 俊一
友重研究室 衝撃波と高温を利用する材料開発~磁性・生体・異種接合~ 友重 竜一
井野川 人姿
米村研究室 金属ナノ粒子と磁場を用いた新規光機能ナノ材料の創製 米村 弘明
草壁研究室 マイクロ空間を利用した機能性ナノ材料の合成 草壁 克己
櫻木 美菜
池永研究室 マイクロ波を利用した炭素系廃棄物のリサイクル法の研究 池永 和敏
西田研究室 熊本県の環境水の水質調査と環境保全・産業利用への応用 西田 正志
黒岩研究室 両親媒性化合物(界面活性剤)の分子の並び(自己組織性)を究明することによって、ナノサイズの電子部品、医薬品創造を目指しています。 黒岩 敬太
水城研究室 病理診断薬・バイオマーカーへの応用を目指した機能性色素材料の開発 水城 圭司

研究ピックアップ

目に見えない程小さな機械が、世界を変える!?

分子操作による高性能微小材料の開発

身近にある機械は、小型化できるほど性能を飛躍的に高められます。その"小型化"を極限までつきつめるのが、この研究の目的です。その部品は、物質を構成する最小単位である「分子」。分子には一つ一つ特徴があり、生物は様々な分子を体内で上手に操ることで生きています。その動かし方をお手本に「光を当てると動く」「温めると曲がる」「磁場にくっつく」など、何かの"命令"で分子を動かす方法を解明。それらを歯車やバネ・滑車のような部品として組み合わせて"機械"にし、意のままに操ることができれば...。すでに世界に先駆けて、物質を輸送する分子機械の開発に成功しています。今後、もっと複雑で高性能な分子機械ができれば、圧倒的な処理性能を持つパソコンやスマホなど、究極性能の電子機器の開発も夢ではありません。生物の不思議や難病治療法を解明できる可能性もでてきます。そして、身体の中をナノロボが巡回して病気を治療する、夢のようなミクロ医療が実現するかも・・・!

たとえば工学分野

従来の機械の概念を打ち破る小型化が叶えば、あらゆる機械、電子機器の性能を劇的に飛躍させることができます。

たとえば医療分野

体内にロボを入れて外から見えない病気を見つけ、治療したり、患部に直接薬を届けたり...。医学の常識が変わるかも!?

たとえば生物学分野

生物が生きる仕組みを工学技術に応用することで、逆に生物の不思議の解明にもつながる可能性が。


世界最先端の研究開発を目指す!「田丸研究室」

「分子を操る」という化学の真骨頂を追求する研究室です。化学の力を駆使して、将来のエネルギー供給に貢献したり、医療を支えたり、世の中の役に立つものの開発を目指し、世界最先端の研究を行っています。学生達は意識が高く、常に先を目指して貪欲に頑張る人が多いです。個性豊かで和気あいあいとしていますが、研究には一致団結して真剣に取り組む、メリハリのある雰囲気の中で頑張っています。現在、人類が直面しているガンに代表される病気や、原子力発電や環境汚染などの問題は、この数十年が勝負で、化学(科学)技術の発展が重要になります。その解決の主力となるのは、いまの学生の世代。高いレベルの研究を通して、未来を牽引する若い人材育成を目指しています。

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。