ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

資料請求

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 生物生命学部  > 応用微生物工学科 > 学科ニュース > 2018年度の学科ニュース > 日本農芸化学会 西日本支部大会を本学にて開催します

日本農芸化学会 西日本支部大会を本学にて開催します

2018年08月09日

本学の寺本祐司教授生物生命学部応用微生物工学科)が実行委員長を務める日本農芸化学会西日本支部主催の日本農芸化学会 西日本支部大会が、2018年9月21日(金)・22日(土)、本学にて開催されます。
日本農芸化学会はバイオテクノロージーに関連する学会で、会員数は約1万人です。

データはこちら⇒ 農芸化学会西日本支部大会ポスター.pdf

ポスター921.22.jpg

当大会では、本学の平大輔 准教授生物生命学部応用生命科学科)が講演するほか、生物生命学部応用微生物工学科の学生も多数発表します。一般の方、学生の当日参加も可能です。

■開催日  2018年9月21日(金)・22日(土)
■会  場  崇城大学池田キャンパス (熊本市西区池田4-22-1)
■参加費  一般:¥2000 / 学生:¥1000
■内  容
 【シンポジウム・特別講演会】
  2018年9月21日(金)13:00~16:40
  シンポジウム「限りある資源、地球環境への農芸化学からの取り組み」
  1.平 大輔 氏(崇城大学 生物生命学部応用生命科学科
   「嫌気性アンモニア酸化 anammox に関わる金属タンパク質の構造と機能」
  2.馬場健史 氏(九州大学 生体防御医学研究所)
   「メタボリックプロファイリングによる化学物質の内分泌かく乱作用 in vitro 評価系の開発」
  3.髙下秀春 氏(三和酒類)     
   「焼酎醸造プロセスによる原料大麦の高付加価値化」
  4.杉浦美羽 氏(愛媛大学 プロテオサイエンスセンター)
   「光合成による高効率エネルギー変換機構の理解と応用研究はどこまで進んだか?」
  特別講演会
    黒田章夫 氏(広島大学 大学院先端物質科学研究科)
   「貴重リン資源有効利用のためのバイオテクノロジー」
 【一般講演】
   2018年9月22日(土)9:00~

■過去ニュース
2017年度日本農芸化学会大会において岡准教授が農芸化学奨励賞を受賞!
https://www.sojo-u.ac.jp/faculty/department/microbial/news/170321_007839.html
三枝教授が日本農芸化学会西日本支部シンポジウムで講演
https://www.sojo-u.ac.jp/faculty/department/microbial/news/160920_007355.html

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。