ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 情報学部  > 情報学科 > 学科ニュース > 2017年度の学科ニュース > 「第1回学長杯 AIオセロ大会」が開催されました!

「第1回学長杯 AIオセロ大会」が開催されました!

2017年05月19日

平成29年5月18日(木)、本学情報学部の新入生育成プログラム「トリプルJ(※)」の一環として
「第1回学長杯 AIオセロ大会」が開催されました。

このAIオセロ大会は、情報学部の学びの導入として、コンピュータ・プログラム制作の面白さに触れてもらう目的で開催され、
1年生約140人が参加し19チームに分かれて対戦しました。
オセロの盤面の各マスに点数をつけ、点数の高いマスから石が打たれていくプログラムを使用し、約3週間かけて各チームそれぞれの〈戦略ファイル〉を制作しました。
対局はコンピューターで自動的に進むため、1局わずか7~8秒で終了する速い展開となりました。
スクリーンに映し出されたオセロ盤を真剣に見つめ、勝敗が決まるたび学生たちは一喜一憂し盛り上がっていました。
人工知能(AI)を使い対局していますが、決着がつかずじゃんけんで勝敗を決める場面も見られました。

優勝チームの是永くんは「コミュニケーションを大事にし、相手の要望を汲み取ったうえで自分の気持ちも伝えられるような
システムエンジニアになりたい」と将来への思いを語ってくれました。
情報学部長 西宏之教授は「この大会でプログラミングへの興味に火をつけたい。やってみたいもの同士で積極的に自らアイディアを発案するなど、これから4年間AIやITをたくさん学んでほしい。」と話し、今後の学生の活躍に期待していました。

★_MG_5814.JPG★_MG_5865.JPG 
★_MG_5975.JPG★P1040317.JPG


当日はたくさんのメディアの方々に取材に来ていただきました。
(くまもと県民テレビ(KKT)、テレビ熊本(TKU、熊本放送(RKK)、j:com、くまもと経済、熊本日日新聞社、読売新聞社)
 

※トリプルJ...情報学部では4~5月にかけ、新入生をサポートする新しい研修サポートプログラム「トリプルJ」を実施している。Jは情報学部のジェイで、今後同学部での定着を狙い名付けた。プログラムは、学び合う仲間を作る「新入生育成プログラム」、学部の特色を深く理解する「宿泊研修」、人工知能で勝負を競う「AIオセロイベント」の3つで構成され、このうちAIオセロは今年初めて行う。

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。