ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 情報学部  > 情報学科 > 学科ニュース > 2016年度の学科ニュース > 合同サイバーパトロール@崇城大が学生の開発アプリで行われました

合同サイバーパトロール@崇城大が学生の開発アプリで行われました

2016年10月11日

10月11日(火)、本学にて県警主催「児童を犯罪被害から守る合同サイバーパトロール」が開かれました。本学からは6名のサイバー防犯ボランティアが参加。このボランティアでは、県警やセキュリティ推進協議会と連携し、インターネット上の違法有害情報をパトロールしたり、未成年を中心としたサイバー犯罪の防止に取り組んでいきます。サイバーパトロールのアプリ開発や、災害時のSNSネットワーク確立など、今後ますます急務とされる分野です。

今回は情報学部情報学科2年の菊川さんが開発したアプリケーション「SPOTLIGHT」を用いて、児童を守るための対策が検討されました。このアプリでは、ツイッター上の有害ワードを検索して、特定のアカウントを抽出。それらのアカウントを危険度別にランク分けし、まとめて県警に報告するという仕組みです。
参加した学生ボランティアたちは、県警の担当者のもと、このアプリを使って各自サイバーパトロールを行っていました。

DSC_7948_.png DSC_7906.png
左:菊川さん


DSC_7970.png
サイバー防犯ボランティア メンバーの皆さん

■関連ニュース
http://www.sojo-u.ac.jp/news/topics/160830_007267.html

情報学部情報学科

http://www.sojo-u.ac.jp/faculty/department/information/index.html

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。