ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 情報学部  > 情報学科 > 学科ニュース > 2014年度の学科ニュース > 高齢者向け補助椅子の開発:アハラリ准教授

高齢者向け補助椅子の開発:アハラリ准教授

2015年01月26日

 情報学部アハラリ准教授により2013年5月設立された大学発ベンチャー「株式会社フュージョンテク」は、高齢者向けの立ち上がり補助椅子を開発いたしました。

 本商品は離席時に下からの押し上げにより立ち上がりをサポートする椅子です。モーターや電子部品を使っていない為、シンプルな構造となっており、利用場所も限定されません。また、利用者の体重や症状に合わせたアシスト強度の調整が可能です。
発売は2月20日を予定、価格は39,800円~。
 

★製品に関する詳細はこちら → 製品情報

P20140120.png

本件に関する記事は西日本新聞(1月20日号)に掲載されました。(西日本新聞

株式会社フュージョンテク

崇城大学情報学部アハラリ研究室

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。