ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

崇城大学 ホーム > 学部・大学院・別科 > 学部 > 情報学部  > 情報学科 > カリキュラム・シラバス

カリキュラム・シラバス

4年間の学び(2016年入学生カリキュラム)

1年次 2年次 3年次 4年次



  • 微分積分学I・II
  • 基礎物理学
  • 物理学
  • 化学I・II
  • 情報処理基礎
  • 確率・統計
  • 線形代数学I・II
  • 微分方程式
  • 専門英会話I・II
  • 物理学実験
  • 技術者倫理
  • 専門英会話III・IV





基礎科目
  • コンピュータ基礎
  • 基本プログラミング演習
  • メディア数学
  • マルチメディア基礎
  • 基礎電気数学
  • ものつくり教室
  • 電気回路入門
  • 電気回路I
  • 電磁気学入門
  • 電磁気学I
  • 情報特別講義I
  • 情報と職業
  • 情報工学基礎実験
  • 離散数学
  • データ構造とアルゴリズム
  • メディアコンテンツ制作入門
  • メディアコンテンツ制作演習
  • 情報理論
  • 情報セキュリティ
  • 情報特別講義II・III
  • 卒業研究
ソフトウェアサイエンスコース専門科目
  • ソフトウェアエンジニアリング
  • 論理数学
  • グラフ理論
  • コンピュータネットワーク
  • 論理回路
  • オペレーティングシステム概論
  • 計算機アーキテクチャ
  • ネットワークアーキテクチャ
  • データベース概論
  • 応用プログラミング演習
  • オペレーティングシステム演習
  • オートマトンと言語理論
  • アルゴリズム設計
  • 知能プログラミング演習
  • オブジェクト指向技術
  • 計算理論
  • コンパイラ

メディアインテリジェンスコース専門科目
  • メディア演習I・II
  • 画像処理I・II
  • 音響・音声情報処理I
  • 音響工学
  • ディジタル信号処理
  • 画像処理III
  • コンピュータグラフィックスI・II
  • 音響・音声情報処理II
  • 音楽情報処理演習
  • ヒューマンインタフェース

電気電子通信コース専門科目
  • 応用電気数学
  • 電気回路II
  • 電子回路I・II
  • ディジタル回路
  • 電磁気学II
  • ロボット工学基礎
  • 電子情報基礎実験
  • 電子通信計測
  • 情報通信工学I・II
  • 電磁波工学
  • 伝送工学
  • 通信工学演習
  • 通信法規
  • 制御工学
  • 材料物性工学
  • 電子デバイス工学
  • 情報通信実験
  • ロボティクス実験




  • 日本の文学I・II
  • 人間と教育I・II
  • 環境科学I・II
  • 生涯スポーツ教育I・II
  • 健康・スポーツ科学理論
  • 英語I・II
  • 総合科目I・II
  • 人間と心理I・II
  • 歴史学と課題I・II
  • 現代社会と法I・II
  • 英語III・IV
  • 日本国憲法
  • 数学の世界
  • 物理の世界
  • 化学の世界
  • 生物の世界
  • 選択外国語I・II
  • ドイツ語I・II
  • 中国語I・II
  • ドイツ語III・IV
  • 中国語III・IV



<教職免許(高校「工業」もしくは高校「情報」)関連> 工業科教育法I.II(工業)もしくは情報系教育法I.II(情報)、他 教科に関する科目を修得する。







  • 基礎数学
  • 教養講座I・II
  • キャリア基礎I
  • 基礎日本語
  • キャリア基礎II
  • キャリア基礎III
  • キャリア実践I・II
  • 政治学I・II
  • 哲学の出発点
  • 哲学的人間観
  • 現代の社会と経済I・II

注目の授業ピックアップ

人間の暮らし、社会、経済、未来に欠かせない知識・技術を習得

コンピュータで
実現することを目指した講義

知能プログラミング演習

知能プログラミング演習では、人が日常的に行う問題解決をコンピュータシステムで実現することを目指して、論理学を学ぶと共に、それに基づいたプログラム言語であるPrologを使ってシステム開発を行います。本講義で学ぶ内容は、人が経験や学習によって習得する知識をプログラムとして表現し、そこから推論を行うことによって、様々な事例に対して的確な判断をすることのできるエキスパートシステムや知識共有システムの開発につながります。

3次元画像を
コンピュータでつくりだす

コンピュータグラフィックスⅠ・Ⅱ

コンピュータグラフィックス(CG)とは、コンピュータを用いて画像を生成する技術。CGでは、まずコンピュータ内部の表現として3次元画像が生成され、レンダリングされた後、ディスプレイ上に2次元画像として再現されます。本演習では内部表現として3次元を持つグラフィックスをOpenGLで作成する手法について学習します。

実験を通して
情報通信の基礎を学ぶ

情報通信実験

情報通信について、電子回路や通信回路、論理回路の動作を理解し、特性の測定技術を習得する目的で実験を行います。実験では発振回路、変調・復調回路、分布常数回路、可変減衰回路、論理回路の動作特性などの基礎的実験を行うとともに、シミュレーションにより解析を行い、理論を理解するとともに特性の測定法を習得します。

時間割の一例

情報学科 ソフトウェアサイエンスコース3年(2016年前期)

MonTueWedThuFri
1 - 情報科教育法Ⅰ キャリア
プランニングⅠ
材料物性工学
2 - - 制御工学Ⅰ キャリア基礎Ⅲ 電子通信計測
3 情報通信工学Ⅰ
- コンピューター
ミュージック
- 情報通信実験
4 職業指導Ⅰ 技術者倫理 オブジェクト
指向技術
5 中国語Ⅰ 通信工学演習 就職ガイダンス 工業科教育法Ⅰ

授業PICK UP 「ものつくり教室」

nishioka.jpg monotsukuri.jpg

論理回路や電子回路を組み立て、個々の部品の役目やその働きを確認し、簡単な回路設計が行えるシステム技術者の育成を目指しています。

西岡さん
2014年度1年生(熊本県・第一高校出身)

ページの先頭へ

学内向け情報

学校法人君が淵学園 崇城大学
〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / 096-326-3111

サイトのご利用案内ここまでです。